Red,lubricants.uz,Mahogany,146610円,Telecaster,楽器・音響機器 , ギター・ベース , ギター , エレキギター,Top,/allochetite2533407.html,Edition,USA(フェンダー)2019,Natural,Rarities,Fender,Limited 146610円 Fender USA(フェンダー)2019 Limited Edition Rarities Red Mahogany Top Telecaster Natural 楽器・音響機器 ギター・ベース ギター エレキギター Fender USA フェンダー 返品交換不可 2019 Limited Edition Rarities Top Mahogany Natural Telecaster Red Red,lubricants.uz,Mahogany,146610円,Telecaster,楽器・音響機器 , ギター・ベース , ギター , エレキギター,Top,/allochetite2533407.html,Edition,USA(フェンダー)2019,Natural,Rarities,Fender,Limited 146610円 Fender USA(フェンダー)2019 Limited Edition Rarities Red Mahogany Top Telecaster Natural 楽器・音響機器 ギター・ベース ギター エレキギター Fender USA フェンダー 返品交換不可 2019 Limited Edition Rarities Top Mahogany Natural Telecaster Red

Fender USA フェンダー 返品交換不可 2019 Limited Edition 市販 Rarities Top Mahogany Natural Telecaster Red

Fender USA(フェンダー)2019 Limited Edition Rarities Red Mahogany Top Telecaster Natural

146610円

Fender USA(フェンダー)2019 Limited Edition Rarities Red Mahogany Top Telecaster Natural



Description

説明不要の2大ギターメーカーの1つである「Fender」。創始者であるレオ・フェンダーが1946年にフェンダー社を設立して以来、数々のモデルを世に送り出し、現在も世界中のミュージシャンから愛され続けるブランドです。愛用しているアーティストも音楽の歴史を作ってきた偉人達ばかりで、その製作技術の高さ、往年のフェンダー・サウンドは今もなおプレイヤーを魅了するブランドとなっています。

『2019 NAMM Show』にて発表された希少な木材を使用した限定シリーズ「Rarities Collection」。本作「Rarities Red Mahogany Top Telecaster」はトップに珍しいレッド・マホガニーをセレクトし、バックにはシャープな粒立ち感と心地良いレンジが迫力を生み出すアッシュ、25.5インチ・スケールのネックと22フレット仕様の指板には硬めでクリアかつ歯切れの良いメイプル材を採用しております。ネックシェイプにはより厚みのあるグリップで「モダンC」と「U」の中間ともいえる形状を持つ新たなグリップ「Modern “Deep C”」、あらゆるプレイスタイルに最適な9.5Rの指板、フレットにはミディアム・ジャンボよりも少し幅が狭く高さのある「Narrow Tall」を採用するなどピッチの安定したスムーズなフィンガリングを可能にいたします。

ピックアップ・システムには「Vintage-Style Single-Coil Tele」と「"Twisted" Single-Coil Tele」の組み合わせを搭載。「Vintage-Style Single-Coil Tele」からは高出力でワイドレンジ、立ち上がりの速いサウンド、モダンなプレイスタイルにもマッチしてくれる万能なピックアップで、「"Twisted" Single-Coil Tele」からはヴィンテージ・テイスト溢れる深みのあるサウンドが特徴的で煌びやかで抜けの良いホットなサウンドをアウトプットいたします。またルックスはアクセントの効いたバインディング、ゴールドパーツを装備することで華やかな豪華を演出。まず通常のシリーズでは実現しないであろう限定テレキャスター。エレガントなルックスに確かなサウンド、お勧めのモデルに仕上がっております。


Specification

Body: Ash with Red Mahogany Top
Body Finish: Gloss Polyurethane
Body Shape: Telecaster
Color: Natural
Neck Material: Maple
Neck Finish: Gloss Polyurethane
Neck Shape: Modern "Deep C"
Scale Length: 25.5" (648 mm)
Fingerboard: Maple
Fingerboard Radius: 9.5" (241 mm)
Number of Frets: 22
Frets Size: Narrow Tall
String Nut: Bone
Nut Width: 1.685" (42.8 mm)
Position Inlays: Black Pearloid Dots
Truss Rods: Bi-Flex?
Truss Rod Wrench: 1/8" Hex (Allen)
Bridge Pickup: Vintage-Style Single-Coil Tele
Neck Pickup: Custom Shop "Twisted" Single-Coil Tele
Controls: Master Volume, Master Tone
Pickup Switching: 3-Position Blade: Position 1. Bridge Pickup, Position 2. Bridge and Neck Pickups, Position 3. Neck Pickup
Pickup Configuration: SS
Bridge: 3-Saddle, Strings-Through-Body Tele with Compensated Brass Saddles
Hardware Finish: Gold
Tuning Machines: Deluxe Cast/Sealed with Pearl Buttons
Pickguard: 4-Ply Tortoiseshell
Control Knobs: Knurled Flat-Top Gold
Case: Brown Hardshell

Fender USA(フェンダー)2019 Limited Edition Rarities Red Mahogany Top Telecaster Natural

病原真菌研究をリードする

トピックス

2021.12.21
「真菌医学研究センター 亀井 克彦 教授 最終講義」のお知らせ
演題:『真菌と呼吸器病学と』
日時:令和4年3月22日(火)16:00~17:00
場所:オンライン開催(Zoom)
募集等の詳細が決まりましたら追って掲載いたします。
2021.12.17
感染症制御分野の大楠美佐子さんが令和3年度医学教育等関係業務功労者として表彰されました。
これは、医学・歯学に関する教育研究又は患者診療等に係る業務に関し、顕著な功労のあった方々に対して文部科学大臣から授与されるものです。
2021.12.13
第54回日本小児呼吸器学会 開催のお知らせ
会長:石和田稔彦教授(感染症制御分野)
日時:令和4年10月14日(金)~15日(土)
場所:オークラ千葉ホテル
2021.11.1
共同利用・共同研究拠点「真菌感染症研究拠点」令和4年度共同利用・共同研究および研究会の公募を開始しました。
申請期限:令和4年1月4日(火)
2021.10.19
バイオリソース管理室(IFM)ニュースレター Vol. 4を発行しました。
2021.10.12
微生物資源分野、特任研究員・特任助教の公募情報を公開しました。
2021.9.13
「真菌医学研究センターMonthlyセミナー」のお知らせ(終了しました)
荒瀬 尚 教授(大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 微生物病研究所免疫化学分野)

『新型コロナウイルスに対する感染増強抗体と中和抗体』
日時:令和3年10月5日(火)16:00~17:00
場所:オンライン開催(Zoom)
2021.9.2
筑波大学の萩原 大祐 准教授(千葉大学真菌医学研究センター客員准教授)と当センターの高橋 弘喜 准教授が実施している共同研究について、筑波大学と千葉大学から次のとおりプレスリリースされました。
植物球根がヒト病原真菌の薬剤耐性を多様化させる温床になっている可能性を確認
2021.8.26
臨床感染症分野のHazim O. Khalifa特任助教の論文が、Journal of FungiのEditor's Choice Articlesに選出されました。
詳細はこちら(外部サイト)
2021.8.17
ギャラリーにコラム記事「ウイルス感染症に合併する内臓真菌症の新たな脅威」を掲載しました。
2021.8.2
ギャラリーにコラム記事「自然災害と真菌症」を掲載しました。
2021.5.31
第34回病原真菌講習会中止のお知らせ
2021.5.19
ギャラリーにコラム記事「COVID-19患者に合併するムーコル症について」を掲載しました。
2021.4.30
令和3年度春の叙勲にて、センター長の笹川千尋先生が瑞宝中綬章を受章されました。
長年の研究・教育へのご功労が認められての受章となります。
センター教職員一同、この度の栄えあるご受章を心よりお喜び申し上げます。
2021.4.28
当センターとブラジルのサンパウロ州立カンピーナス大学が連携して取り組んでいるAMED/JICA地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)について、研究の紹介動画が公開されました。
>> 動画はこちら(日本医療研究開発機構(AMED)の公式Youtubeチャンネル)
2021.4.28
当センターの正門が新しくなりました。

また、亥鼻キャンパスに医学系総合研究棟が完成しました。
【関連記事】
2021.4.20
バイオリソース管理室(IFM)ニュースレター Vol. 3を発行しました。
2021.4.16
第34回病原真菌講習会の募集要項を公開しました。
2021.4.1
矢部 力朗 助教が千葉大学学術研究・イノベーション推進機構にご栄転されました。
村長 保憲 特任助教が国立感染症研究所真菌部にご栄転されました。
2021.3.22
「真菌医学研究センターMonthlyセミナー」のお知らせ(終了しました)
石井 健 教授(東京大学医科学研究所 感染・免疫部門 ワクチン科学分野)

『ワクチン開発研究の新展開;mRNAワクチンと核酸アジュバントの次へ』
日時:令和3年5月6日(木)16:00~17:00
場所:オンライン開催(Zoom)
2021.3.18
令和2年度 真菌医学研究センター若手ベスト論文賞の受賞者は、Hazim O. A. Khalifa 特任助教に決定しました。
2021.2.24
「東京大学医科学研究所-千葉大学真菌医学研究センター 国際共同利用・共同研究拠点事業 2020年度 成果報告会」のお知らせ
日時:令和3年3月9日(火)~11日(木)の3日間開催
※いずれの日も13:30から開始
場所:オンライン開催(Zoom)
2021.2.15
米山教授らによるウイルス感染センサーに関する総説が、Cellular & Molecular Immunology誌に掲載されました。
論文はこちら(外部サイト)
2021.1.27
千葉大学、ブラジルサンパウロ州立カンピーナス大学、栄研化学株式会社、独立行政法人国際協力機構(JICA)の四者間で行っている下記事業の開始について、千葉大学からプレスリリースされました。
ブラジルで日本発の検査技術を用いた新型コロナウイルス検出試薬評価試験を開始~ブラジルにおけるCOVID-19検査拡大のためのパートナーシップ~
【関連記事】
2021.1.13
「真菌医学研究センターMonthlyセミナー」のお知らせ(終了しました)
河岡 義裕 教授(東京大学医科学研究所 感染・免疫部門 ウイルス感染分野)

『新型コロナウイルス:これまでにわかったこと』
日時:令和3年2月9日(火)16:00~17:00
場所:オンライン開催(Zoom)
2020.12.21
竹下 健一 先生(感染症制御分野)が、第24回日本ワクチン学会(2020年12月19日~20日)にて学術集会若手奨励最優秀賞を受賞しました。
2020.12.21
2020年12月1日、理化学研究所環境資源科学研究センターと、千葉大学植物分子科学研究センター及び関連する6部局(大学院薬学研究院、大学院園芸学研究科、大学院理学研究院、大学院工学研究院、真菌医学研究センター、環境健康フィールド科学センター)は、互いの研究推進のための連携・協力に関し、協定を締結しました。
本協定により緊密に連携して研究協力を促進することで、「植物科学及びそれらの学際領域」に関連する研究分野について相互の発展が期待されます。

【関連記事】
2020.12.18
筑波大学の萩原 大祐 准教授(千葉大学真菌医学研究センター客員准教授)と当センターの矢口 貴志 准教授が実施している共同研究について、筑波大学と千葉大学から次のとおりプレスリリースされました。
従来の定説を覆す増殖装置を持つRNAウイルスの発見
2020.11.30
千葉大学、ブラジルサンパウロ州立カンピーナス大学、栄研化学株式会社、独立行政法人国際協力機構(JICA)の四者間でSARS-CoV-2検出キットの性能検証についての国際共同研究事業を立ち上げ、このたび調印式が行われました。
>>詳しくはこちら(国際交流活動のページ)

【本件に係るプレスリリース・記事】
2020.11.27
11月23-27日に行われたブラジル主催のバーチャル国際シンポジウムにて、渡辺哲准教授と伴さやか助教が講演を行いました。
>>詳しくはこちら(国際交流活動のページ)
2020.11.9
「真菌医学研究センターMonthlyセミナー」のお知らせ(終了しました)
長谷 耕二 教授(慶應義塾大学薬学部)

『腸内細菌と栄養シグナルによる腸管免疫系の制御』
日時:12月1日(火)16:00~17:00
場所:オンライン開催(Microsoft Teamsを使ったWebセミナー)
2020.10.24
千葉大学主催の「災害治療学シンポジウムin千葉」が、ゐのはな記念講堂で開催されました。
本シンポジウムでは、熊谷俊人千葉市長、太田洋いすみ市長を招き、台風被害やコロナ禍などの複合災害に対する自治体および大学の取り組みについて、議論が交わされました(当日の様子 ※医学部HP)。
当センターからは、亀井教授と米山教授がそれぞれ「カビの脅威」と「コロナ禍」について講演しました。
千葉大学ではこれらの課題解決を目指し、亥鼻キャンパス内に「災害治療学研究所」の設立を目指しています。
2020.10.2
家庭用の給湯専用(貯湯式)ならノーリツ OX-C4503FV ノーリツ 給湯専用(貯湯式) 家庭用 エコフィール 据置型 屋内 給湯専用 45.3号 非BLを発行しました。
2020.9.29
当センターに超解像顕微鏡 Leica STELLARIS 5が設置されました。
>> 研究施設と設備について
2020.9.16
石和田 稔彦 准教授が、2019年度 公益社団法人日本小児科学会雑誌 優秀査読者賞を受賞しました。
2020.8.27
「真菌医学研究センターMonthlyセミナー」のお知らせ(終了しました)
Fábio Seiti Yamada Yoshikawa 特任研究員(千葉大学真菌医学研究センター 感染免疫分野)

日時:9月23日(水)16:00~17:00
場所:オンライン開催(Microsoft Teamsを使ったWebセミナー)
2020.7.14
東京医科歯科大学の芦田浩 准教授(千葉大学真菌医学研究センター客員准教授)と鈴木敏彦 教授の研究グループが、当センターの笹川千尋 特任教授と実施している共同研究について、東京医科歯科大学と千葉大学から次のとおりプレスリリースされました。
「腸管病原菌による宿主細胞死クロストーク抑制機構の解明」― 赤痢菌の新たな感染戦略を解明 ―
2020.6.1
当センターの前身である生物活性研究所の元所長 新井 正 先生(千葉大学名誉教授)が、5月16日にご逝去されました。
センター教職員一同、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
>> 【訃報】新井正先生
2020.5.19
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、6月30日~7月3日に予定していた「第34回病原真菌講習会」の開催を延期します。延期後の開催予定については未定です。
2020.3.25
バイオリソース管理室(IFM)ニュースレター Vol. 1を発行しました。
2020.3.24
IFM菌株ご利用の皆様へ(生物遺伝資源の分譲と使用に関する同意書の改定及び提供料金改定のお知らせ)
2020.3.24
第34回病原真菌講習会の募集要項を公開しました。
2020.2.20
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、3月9日に予定していた「東京大学医科学研究所-千葉大学真菌医学研究センター 共同利用・共同研究拠点事業 2019年度 成果報告会」は中止になりました。
2020.2.5
「感染症研究グローバルネットワークフォーラム2019」を開催しました。
2019.12.11 更新
「感染症研究グローバルネットワークフォーラム2019」を開催します。
日時:2020年1月11日(土)9:50~17:15(9:30受付開始)
場所:千葉大学医学部附属病院ガーネットホール
また、前日にポスターセッションを開催します。
日時:2020年1月10日(金)13:30受付開始 14:30ポスターセッション開始
※受付開始が13:00から13:30に変更になりました
場所:千葉大学医学部附属病院セミナー室3
2019.12.23
千葉東高等学校の生徒の皆さんがセンター見学にいらっしゃいました。
>> 当日の様子
2019.11.06
「真菌医学研究センターMonthlyセミナー」のお知らせ
山崎 晶 教授(大阪大学 微生物病研究所 分子免疫制御分野)
日時:11月19日(火)16:00~17:00(終了しました)
場所:真菌医学研究センター大会議室
2019.7.22
市川学園市川高等学校の生徒の皆さんがセンター見学にいらっしゃいました。
【中古】【メンズ】LOUISVUITTON ルイヴィトン ダミエ エベヌ ジェロニモス N51994 CA4079 ボディバック ウエストポーチ ショルダー 鞄 カバン カラー:ブラウン 茶 万代Net店
2019.6.5
令和元年6月4日(火)、千葉大学真菌医学研究センター市民向け公開セミナーをペリエホールにて開催いたしました。
>> 当日の様子
2019.5.20
知花 博治准教授(病原機能分野)が、世界初アカデミア発の抗真菌薬をめざして、株式会社ドラッグジェノミクスを設立しました。
大光電機 ダクトレール用スポットライト 生鮮食品用LZS93055SBM受注生産品
2019.5.20
第33回病原真菌講習会の募集受付を始めました。
2019.5.13
竹内典子特任助教(感染症制御分野)が、日本化学療法学会学術奨励賞を受賞しました。